Service 知財・無形資産 経営者フォーラム

「知財・無形資産ガバナンス」の重要性

2021年6月のコーポレートガバナンス・コード(CGC)改訂において、「知的財産」に関する条項として「知的財産への投資等の重要性に鑑み、取締役会で実効的に監督すること」(3-1③)や「知的財産への投資等について具体的な情報を開示・提供すること」(4-2②)が、新たに補充原則として規定されました。

さらに、この規定の実効性を高めるために、2022年1月に内閣府と経済産業省共催の「知財投資・活用戦略の有効な開示及びガバナンスに関する検討会」が、「知財・無形資産ガバナンスガイドライン(Ver1.0)」を公表し、「企業がどのような形で知財・無形資産(※)の投資・活用戦略の開示やガバナンスの構築に取り組めば、投資家や金融機関から適切に評価されるか」について分かりやすく説明しています。

従って、これから企業には、この「知財・無形資産ガバナンス」を的確に実践し、知財・無形資産の投資・活用戦略の構築・実行の取組を進めていくとともに、戦略の開示、発信を通じて、より優れた知財・無形資産の投資・活用戦略を構築・実行していることが求められます。これにより企業価値が向上し、更なる知財・無形資産への投資に向けた資金の獲得につながることが期待されています。

※「知財・無形資産」とは、競争力の源泉としてより重要な経営資源であって、特許権、商標権、意匠権、著作権といった知財権に限られず、技術、ブランド、 デザイン、コンテンツ、データ、ノウハウ、顧客ネットワーク、信頼・レピュテーション、バリューチェーン、サプ ライチェーン、これらを生み出す組織能力・プロセスなど、幅広い知財・無形資産を含みます。

「知財・無形資産 経営者フォーラム」とは

「知財・無形資産 経営者フォーラム」は、上場企業などの経営者等が、知財・無形資産を生かして中長期で企業価値を増やす経営を目指し、経営者同士、機関投資家や有識者らとの交流や議論を通じて、切磋琢磨(せっさたくま)することによって、「知財で日本を元気に」することを目標とした集まりです。

活動目的

① 「知財・無形資産」の投資・活用を通じて、日本企業の稼ぐ力・成長力を強化し、企業価値を高めること。
② 関連する人々を結集し、「知財・無形資産」の問題を経営の重要な課題、経営の常識というレベルに引き上げること。
③ もって、日本の競争力を再興し、社会の活力を引き上げること。一言でいえば、「知財で日本を元気に」すること。

活動内容

3カ月に1回程度の定例会(当面オンラインを予定)を開催し、不定期で大型のシンポジウムを開催することなども想定しております。
この活動にあっては、以下の事項を留意してご参加ください。
① 「知財・無形資産」の活用に目覚めた、関心をもつ経営者が集い、フランクに情報交換する日本初(世界でも異例)の組織であること
② 「知財・無形資産」に関わる、経営者自身のレベルアップ、経営サポート部門(知財、経営企画、IRなど)の
  レベルアップを同時に狙うこと
③ 会員は、「お付き合いする」「学者や他社等の講演を聞く」だけでなく、自ら企業価値を高める主体として
  積極的にアイデアを出し、アクティブに活動すること

<キックオフ会議の予定>
2022年10月24日 第1回定例会(キックオフ会議)を開催(オンラインで実施)
【キックオフ会議の議題(予定)】
1.会長、副会長のご挨拶
2.内閣府知的財産戦略推進事務局長、特許庁長官、東京大学副学長のご挨拶
3.会長記念講演 旭化成工藤社長様 
4.会員の自己紹介 情報交換 他

<参加費用>
当面は無料とさせて頂きます。
なお、今後、運営主体・体制の強化などに伴い、会費などをご負担頂く可能性がございます。

会員

本フォーラムの目的に賛同し、積極的な活動を展開できる企業、団体などの参加を求めます。
・ 【メンバー】上場企業などの経営者(社長、会長、業務執行取締役、執行役員ら)は、メンバーとして、また、
  このメンバーを補佐する知財・無形資産ガバナンスを担当する責任者は、メンバー補佐として、「会員」申請を行い、登録された方。
・ 【サポーター】学識経験者・機関投資家、経営コンサルティング会社、法律事務所、特許事務所などは、
  サポーターとして、「会員」申請を行い、登録された方。
・ 【オブザーバー】政府関係者、大学関係者、メディア関係者などは、オブザーバーとして「会員」申請を行い、登録された方。

参加申請

当フォーラムにご参加希望の会社等は、以下の「フォーラム規約」をご一読の上、ご賛同いただける場合には、「お申し込みはこちら」をクリックし、貴社名、会員候補者の氏名等をご記入し、「内容」欄に、「フォーラム規約に賛同し、知財・無形資産 経営者フォーラムに参加申請します。」と記載し、お申込みください。 お申し込みくださった企業様には、事務局による審査の上で登録が許可された場合には、当フォーラムの開催案内や情報提供、会員ページへのアクセス方法等をご連絡いたします。

知財・無形資産 経営者フォーラム(仮称)」会則(案) PDF


サービス一覧

サステナビリティガバナンスコンサルティング
  • サステナビリティ委員会のアドバイザリー
  • 持続的な企業経営に関するコンサルティング
  • ビジョン/長計策定、ESG/SDGs関連ポリシーの策定支援、投資家エンゲージメントポリシーの分析(ESG評価向上)
  • ポスト・コロナにおけるBCP(事業継続計画)関連コンサルティング
  • 総合的なサステナビリティ開示支援、企業と機関投資家とのエンゲージメント支援
戦略・リスク・監査ガバナンスコンサルティング
  • 委員会の立ち上げ・運用に関するコンサルティング
  • 取締役会および各委員会の実効性向上に関するコンサルティング
  • 中長期的な経営戦略や事業ポートフォリオマネジメントに関するコンサルティング
  • グループガバナンスに関するコンサルティング
  • リスクガバナンス最適化に関するコンサルティング
  • 監査ガバナンス最適化に関するコンサルティング
指名・人財ガバナンスコンサルティング
  • 指名委員会の設置・運用支援
  • 役員の人財定義・パフォーマンスサイクル支援
  • 役員向け研修企画・実行支援
  • 人財開発委員会の構築・運用支援
  • 企業・組織変革に伴う人財開発・変革支援
  • 人事制度の設計・運用支援
指名・報酬ガバナンスコンサルティング
知財・無形資産 経営者フォーラム
  • 上場企業などの経営者等が、「知財・無形資産」を生かして中長期で企業価値を増やす経営を目指し、経営者同士、機関投資家や有識者らとの交流や議論する場の提供
  • 「知財・無形資産」の投資・活用を通じて、日本企業の稼ぐ力・成長力を強化する戦略に関する情報提供・活動支援
  • 「知財・無形資産」を経営の重要な課題、経営の常識として取り組むための情報提供・活動支援
  • 日本企業やひいては日本の競争力を再興し、社会の活力を引き上げる、「知財で日本を元気に」するための活動牽引
知財ガバナンス研究会
  • コーポレートガバナンス・コードに対応した各企業の知財ガバナンスの在り方の検討・情報発信
  • 政府の成長戦略実行計画や知的財産戦略の実現に向けた提言・実行支援
  • 知財ガバナンスにおける知財投資の情報解析手法や開示内容等に対する情報提供
  • 各企業の知財ガバナンス体制構築・実行支援
PAGE TOP